産後すぐに骨盤ベルト!

義姉よりものすごく力説されたことと言えば、「節約のためにも、子どもを生んだらすぐに骨盤ベルトを巻いておけ!」ということでした。なんでも、「とにかく出産では骨盤がものすごく開いてしまう。だからこそ、ぎゅーっと一気に締め上げなくてはならない」ということです。

要するに、骨盤ベルトをしめずに、そのまま放置し続けていると、妊娠前の服は余裕で入らなくなるということでした。そして、姉の言うことは本当でしたね。私は見事に妊娠前の服が出産後には入らなくなってしまっていました。体重自体は変わらないのに、おそらく骨盤が思いっきり広がってしまったせいでしょうね。本当に笑ってしまうぐらいにボタンもチャックもしまらなくなったのですよね。

「ふんぬっ!」と気合いを入れてギュッと締め上げても、なかなか入ってくれないのですよね。本当にここまで骨盤は広がるものかと驚愕しました。まあ、赤ちゃんが通過してくるのですからね。当然と言えば当然でしょう。

ちなみに、骨盤ベルトはもっており、義姉のアドバイスもあって出産後すぐに一応つけてはみたのですが、新生児がしょっちゅうしょっちゅう起こすので、腰の不快感を維持する余裕がなくなって、すぐにとってしまいました。けれども今は後悔しています。骨盤ベルトランキング

グルコサミンについて

グルコサミンという言葉はテレビのCMなどで聞き慣れている人も多いと思いますが、グルコサミンとは何なのかは案外知られていないかもしれません。グルコサミンとは、グルコースにアミノ基が付いたアミノ糖と呼ばれるもので、人間の軟骨や皮膚に含まれている成分です。グルコサミンは加齢とともに減少する傾向があり、高齢になると関節痛などに悩まされるのもこれが原因のひとつです。補給することで、関節の滑らかな動きを取り戻す事が出来るかもしれません。グルコサミンを含む食材は甲殻類が最も多く、他には牛や豚、鶏などの軟骨部分、鶏の皮、うなぎなどがあります。また山芋やオクラなど植物性の食品にも含まれています。サプリメントとしても多くの製品が発売されているので、自分に合った方法で摂取すると良いでしょう馬プラセンタサプリ

注目を集めているグルコサミン

グルコサミンには多くの分野から注目が寄せられているのではないかと考えられています。近年はこのような成分を含有する食品などが多数出回るようになり、様々な所で身近な存在として認識されているのではないかとみられています。積極的にグルコサミンを体内に取り入れる人も徐々に増加してきつつあるため、今後も注目を浴び続けるのではないかと考えられています。
 様々な方法によってグルコサミンを摂取することが可能であるため、グルコサミンに対する関心の度合いが高い状態は維持されていくものとみられています。幅広い年代の人々から注目されているとみられており、これからも同様の状態が維持されていくのではないかと推測されています。

グルコサミンのサプリメント

近年はグルコサミンを含有するサプリメントが多くなってきており、注目を集めているのではないでしょうか。多くの人々から愛用されていると考えられており、普及の度合いが高くなっているのではないかと推測できます。
 このようにしてグルコサミンのサプリメントが普及していくことにより、様々な影響が出てくるのではないかと思います。グルコサミンには関節の損傷や劣化を食い止め、健常な状態にする作用があるとされており、膝などの関節に不具合を感じる人の飲用が推奨されています。そのため、アクティブに活躍できる人が多くなることが期待されており、今後も大きな注目をグルコサミンのサプリメントは大きく集めていくのではないでしょうか。

ヒザが痛くなる前にグルコサミンを!

以前、通信販売の会社に勤めていたとき、「グルコサミン」のサプリメントを商品として扱っていました。
テレビCMも多く流し会社の主力商品の1つだったので毎日たくさんのご注文を頂き、お電話での注文の際は商品の説明もしていました。

グルコサミンは年齢と共に磨り減ってくるヒザなどの軟骨成分を補うものです。
どうしてもご高齢の方向けと思われますが、実は磨り減った軟骨はなかなか元には戻らないので、ヒザに痛みを感じていないうちからグルコサミンを摂っておくことは重要です。
ヒザが痛くなってからグルコサミンサプリメントを飲みはじめて症状が緩和することはもちろんですが、グルコサミンは体内では生成されないので、予防のために摂取しておいて欲しい成分。

一般の方にはそのことはまだ浸透していないと思うので、ぜひ皆さんにグルコサミンの重要性を知って頂きたいです。

初めての黒酢

中国人の友人から黒酢を頂きました。
蓋を開けると、米酢のようにツンときません。ちょっとまろやかな甘い香りがします。
さて、どう使ったものか?
黒酢で検索すると、たくさんレシピが見つかりました。
どうやらお肉と相性がいいみたいです。
鶏の手羽元の黒酢煮というのが美味しそうです。
早速、作ってみました。
黒酢がお肉を柔らかくしてくれたので、お箸を入れるとホロホロと骨からはがれます。
米酢を使って煮るよりも、香りが芳醇で、お酢が苦手な主人も残さず食べてくれました。
体によくて、そのうえ美味しい黒酢。これから、レシピを増やしていくつもりです。

スープに黒酢

黒酢って体に良さそうなイメージですが、どうやって取り入れたらいいのか迷っていました。手軽に飲めるサプリやカプセルもありますが、ちょっと味気ないし、どうせなら美味しく摂取できた方がいいですよね。
そこで、普段の料理にかけるだけ、の黒酢料理を考えました。料理の中でも、スープなら仕上げにかけるだけでOKだし、食卓に出してから、好みの量をかけることも出来ます。
中華風のかき卵スープや、洋風のトマトスープ、意外だけどとっても合うと思ったのは味噌汁です。一番のおすすめです。普通のお酢でも試しましたが、黒酢の方がコクが出ます。小さじ1杯くらいだと、さっぱりするくらいでほとんど気になりません。慣れてくると物足りないので、私は大さじ1杯くらい入れます。スープに黒酢、ぜひ試してみてください。

中国の黒酢

中国は上海に滞在していた時の事。
ふと、醤油が欲しくなりました。
日本ならどこにでもありますけど、何故か中国では見かけなかったんですね。
その辺の店で肉まんを買って、何故か焼売を渡された時など、やっぱり醤油が欲しくなりますよね・・・。

上海は都会ですから、コンビニもスーパーも沢山ありました。
調味料コーナーへ行ってみましたが、何故か醤油はありません。
その代わりにズラリと並んでいたのが酢で、ちょっと茫然としました。
値段もいろいろですが、種類も相当ある様でした。
日本でも一時期ブームになりましたが、向こうでは一般的な調味料なんですね。

帰国後、中国人の同僚から「牛丼の美味しい食べ方」を教わりました。
それは、サラダ用に置いてある「黒酢ドレッシング」をちょっとかける、というもので、確かに味が全く変わりました。
こんな感じで、いろいろな酢をかけたりして、彼らは肉を食べているんでしょうねぇ。

疲れた時に黒酢

黒酢には疲労回復効果があります。
疲れがたまると、頭や体がボーッとした状態になり、何かをする意欲もなくなりますよね。
特に、加齢やストレスが多い生活をしていると、疲れもたまりやすくなります。
そんな時は黒酢を摂取すると、体が元気になり、疲労解消できます。

運動や体を動かした後は、体内のグリコーゲンが減少します。グリコーゲンは体のエネルギー源として大切な働きをしているので、減少すると人は疲れを感じます。
黒酢はグリコーゲンの補充を促すので、疲れを取る助けをしてくれます。

また、クエン酸とアミノ酸も黒酢には豊富に含まれています。
体を動かすと疲れるのは、体に乳酸がたまってしまうから。
クエン酸は疲れの原因の乳酸を分解する作用、アミノ酸には乳酸が作られるのを抑える作用があり、クエン酸とアミノ酸を多く含んだ黒酢を摂取すると、疲労が解消され、疲れがたまらない体になるというわけです。

体を動かした後には、一杯の黒酢がいいですね。
そのまま飲んでもいいですが、ジュースで割ったり、ジュースと炭酸水で割ったりしたら、もっと飲みやすくなるかもしれません。
酢の代わりに黒酢を使って料理するのも、おいしく黒酢を摂取できるので、おかず1品は黒酢料理にすると、元気な毎日が送れますね!

黒酢で疲労回復

私は、疲れたとき市販の蜂蜜黒酢飲料を飲んでいます。
もともとすっぱいものが好きな私は、酢の物などが大好きだったので、すっぱいものを飲むのは苦になりません。
運動をして疲れた時や勉強に疲れたときに飲んで寝ると、次の日には体がスッキリしています。
また、さっぱりした黒酢飲料は気分転換になり、リフレッシュしたい時にも飲んでいます。
最近の市販の黒酢飲料は、飲みやすいように工夫してあるのですっぱいものが苦手の人にもおすすめです。
また、黒酢を一粒に凝縮したサプリメントも販売されているので、日常生活に気軽に取り入れることができると思います。
健康的に生活するためのサポート的存在になり得るのが、黒酢パワーではないかと思います。